床は人が日常的に触れる部分のため損傷や劣化が激しくなりやすく、ワックス清掃などの定期的なメンテナンスが必要な場所です。

黒ずみなどの汚れが気になったり、ワックスがけした箇所に残ってしまったゴミなど、床のメンテナンスで気になる事があれば清掃業者にお問い合わせをお勧め致します。


<主な床面のメンテナンス方法>

・床洗浄(ワックスなし)

ワックス塗布をする必要がない床は、ポリッシャーや高圧洗浄機による洗浄のみ行います。


・剥離洗浄&ワックス

人が多く歩く部分は、その部分だけワックスの摩耗が激しくなります。また、何度も重ねてワックスを塗っていくと汚れやほこりが少しずつ残り固められてしまうことがあり、そういった原因によって床にワックスのムラが出来ると大変見苦しい状態になります。
こうなってしまった床をキレイな状態に戻すには、古くなったワックスを一度剥がして洗浄し、再度ワックスを塗ることが必要です。



長期間床洗浄清掃ワックス掛けをせずに放置すると、美観を損なうだけでなく床材自体に傷が入ってしまうため、
その後に清掃してワックスをかけても傷が目立つだけでなく、汚れを除去するための手間やコストがかかります。
また、フローリング床の場合は床材のひび割れや日焼けでの色あせを早めたりする原因になります。

ローリングやPタイル、長尺シートなどの床材の場合は定期的に洗浄を行ない、床材保護の為にワックスを塗布する事をお勧めいたします。

またS.O.Cでも床面の洗浄・ワックスを承っております。
お見積りや洗浄に関するご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。