• HOME
  • グリストラップ

グリストラップ
Grease trap

グリストラップ

グリストラップとは、厨房から発生した排水に含まれる油脂類やゴミ等が下水に直接流出するのを防ぐために、一時的にストックさせておく装置です。
下水道に流せる水の基準値に処理してから放流するために、業務用厨房にはグリストラップの設置が義務付けられています。

グリストラップの構造は3槽からなっており、第1槽ではバスケットで排水に混じっている残飯や生ゴミを取り除きます。
第2槽では油脂分と沈殿物の分離を行います。油脂分は水よりも比重が軽いため、浮上し第2槽の上部に溜まっていきます。小さなゴミは汚泥として底部に沈殿します。第3槽では水と油脂分を分離させ、油脂分の少ない水を下水道へ流す役割を持ちます。

グリストラップの掃除について

  • 第1槽バスケットに流れてきたゴミが溜まるため、バスケットを取り出しゴミを毎日捨てましょう。
  • 第2槽油脂が浮いているため、害虫や悪臭が発生しやすい場所です。
    掃除しにくい部分ではありますが、少なくとも週1回は掃除をしましょう。
  • 第3槽第3槽内にあるトラップ管は2〜3ヶ月に1回掃除するようにしてください。
    油分を取り除いた後の排水が溜められており、トラップ管を通じてその排水が下水へと流れるためトラップ管を取り外し、たわし等で汚れを落としましょう

グリストラップの清掃は日頃のお手入れだけでは限界があります。
油脂類やゴミは徐々に堆積していきますので定期的に抜取り・清掃をしないと、油脂類は固まり、厨房内でオーバーフローを起こします。

また、排水管にも油脂類は付着するため管を閉塞して排水不良を起こし、水が溢れたり悪臭を発生する原因となります。
そのため、グリストラップの清掃に伴って管洗浄も定期的に行う必要があり、トラブルになる前での段階での点検・清掃をおすすめ致します。